2008年11月23日

リーグ最終戦

TASAKI 1-4 日テレ

得点(ペルーレ側):大谷

-----------------------------------------------

どうにも思うところがあり過ぎて、朝電車に乗った段階から既に何かがこみ上げてくる始末。
おかげで車内の人には、この人フラれたのかと誤解された確立30l!

先週のJヴィレは雨アメあめの悪天候だったけれど、今日の駒沢上空はとーっても綺麗な青色が広がっていたのでした。

PB231431.JPG

スタジアムには選手のご家族・社員さんをはじめ遠路神戸からも大勢のサポが駆けつけ、ざっと見たところスタンドの半数近くはTASAKIのロゼ色を身に纏った方々で埋まる。
そういった風景も感傷を呼び起こすのに十分な条件となり、不思議な空気がスタジアムに流れていたのを否応無く感じました。

まだ全女があるじゃないか!
そう頭の中で繰り返してはいても、20年間戦い続けたリーグ戦の最後の試合…その間関わってきた多くの人々の思い・重ねられた月日がきっとあの空気感を作り出していたのだと、今更ながら思います。

そして誰よりもこの試合に掛けていたのはペルーレの選手たち。
それを体現した最たる形が、大谷選手の通算150ゴールだったのではないでしょうか。

大谷選手が積み重ねてきた150という得点。
それらはDF陣がボールを奪い、中盤がFWへ必死に繋ぎ、それらを背負った大谷選手が技術・ハートをもって蹴りこんできた結晶の数。
この前人未到の大記録は、まさにTASAKIペルーレというチームが作り上げたものだと思います。
最後のリーグ戦で達成できたのは、大谷選手の並々ならぬ努力、そしてペルーレの選手たちの絆に感動した神様からの贈り物だったのかもしれません。
本当におめでとう!!!!

先週には浮かばなかった課題も、強豪の前に改めて露わにされました。
でもそれらがあるってことは、ペルーレが成長できる可能性もそれだけあるということ。
本当の最後の一瞬まで歩みを止めることなく、前へと進んでいこう。

試合終了後の選手たち。

PB231446.JPG

「ずっとずっと ペルーレが好き。」

PB231448.JPG

このダンマクに、ペルーレの戦いを見届けてきた多くの人々によるメッセージが書き加えられていきます。

-----------------------------------------------------

試合後、リーグからペルーレの今後について正式発表がありました。

http://www.nadeshikoleague.jp/nl/jsp/nl_topics_detail.jsp?get_id=344

【リーグ】TASAKIペルーレFCの件

ディビジョン1所属・TASAKIペルーレFCについて以下の通りお知らせいたします。

本年で休部となりますディビジョン1所属・TASAKIペルーレFCについて、本シーズン終了までの期限にて移管先を検討しておりましたが、残念ながら新たなチームを決定することができませんでした。

この結果、次シーズン(2009年)については、ディビジョン1は8チーム、ディビジョン2は8チームにて行います。

以上


…これでチーム存続のすべての可能性は絶たれました。
解散へ向けて時間の進むスピードは今後より増していくことでしょう。
それでも、僕たちサポができることはただ一つ。
本当の最後の一瞬を迎えるそのときまで、応援し続けます。
posted by kucky at 23:29| 東京 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

第20節結果

P2008_1116_145619.JPGTASAKI 1ー0 マリーゼ

得点:大谷

池田選手の完璧クロスに大谷ヘッド炸裂!
安定した守備で完封勝利しました!
posted by kucky at 15:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【試合前】20節 vsマリーゼ

P2008_1116_124530.JPG小雨だったり本降りだったり変わりやすい天気。
勝ちます!
posted by kucky at 12:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

前へ前へ

相手にプレッシャーをかける
ボールを奪う
奪ったボールを前へ運ぶ
ゴールへと突き進む

【プレナスなでしこリーグ第15節】

TASAKI 3-1 伊賀

■得点 大石 阪口 甲斐

プレースタイルと同じように
彼女たちは前へ前へと突き進む。
たとえどんな状況であとうと。


-------------------------------------------------------


前回のエントリから色々と考えました。
そりゃ最初は「何してくれんだ!このごじゃっぺ!
とか思いましたが
よくよく冷静になり、よく考えてみた結果
僕の中でひとつの結論を導くことができました

一サポとして、田崎真珠を批判することは僕にはとてもできないです。

1989年、日本女子サッカーリーグ元年
現在の女子サッカー・なでしこジャパンに通じるスタートライン
途中、バブル崩壊によるリーグ暗黒時代を乗り越え
現在まで女子サッカーをサポートし続けた田崎真珠。

当然、今回の休部によって所属選手のプレー環境といった問題は発生しますが、考えてもみれば、プレー環境が保障されている選手というのはプロ契約を結んでいるほんのごく僅かな人数であり、他チームの選手はバイト・パート生活をしながらサッカーを…というのが現状です。
正社員として雇用していた田崎真珠の環境は、女子選手がサッカーを続ける場として際立ったものだったという事実が、今になってより鮮明に浮かび上がります。

経営陣の交代、という事態にならなければ、今後もチームは存続し続けていたことでしょう。
経営努力、という意味で批判は受けざるを得ないでしょうが、女子サッカーをサポートしてきた事実は寧ろ称賛されるべきであり、私は責めるべきではない、と思います。

では、市民クラブとしてペルーレを独立化、スポンサーとして田崎真珠はチームを支える、ということはできなかったのか。

これは1991年にチームが田崎真珠に移管される前のペルーレの姿そのものであり、経営悪化の前にこうした形をとっていたとすれば、それこそチームの「放り投げ」、ペルーレを見切った、という印象を社会全体に与えていたでしょう。
そもそも市民クラブとして成功するためには健全たる独立運営が根本的に必要で、その上で地域密着が鍵となってくるので、日本代表選手を多く抱え、用具サプライヤーとしてミズノを迎ることができているという現状を上回る戦力・チーム運営力を、市民クラブが保持できたかは未知数であり、おそらくその可能性は相当低いと思われます。

現在もチーム移管先が見つからず、受け入れ先として誰も手を挙げない・たがらないのは、ビジネスとして成功させることが難しいという女子サッカーの現状そのものの問題が包括されていからです。

こうして考えると、田崎真珠は、存在するあらゆる可能性の中で最もペルーレを護ることができる方法を選んだのではないか。
僕の結論はそこに行き着きました。

僕なりの意志表示として、田崎真珠に対する感謝の意をここに表したいと思います。




ただ、最後のお願い。

たとえチーム名が変わろうと、彼女たちが同じメンバーでサッカーを続けることができる環境を、11月23日その日まで模索し続けてほしい。

最初は「TASAKIペルーレFC」が無くなる、という事実だけで十分だったけどそれはサポとしての気概であって、選手たちがいちばん悲しいのは監督・コーチを含めて同じメンバーでサッカーができなくなる、という事実なんだと思う。

もし移管先が見つかったとしても、TASAKIペルーレサポーターである自分がそのチームを応援できるかどうかはわからない。
けれど、ペルーレのサッカーを観てきた人間として、同じメンバーでこれからもサッカーをさせてあげたい。

どうか。どうか。

そしてTASAKIペルーレFCが最後を迎える、その時まで僕は応援し続けます。
posted by kucky at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

【速報】ペルーレ、休部&リーグ退会

TASAKIペルーレFC の休部及び「日本女子サッカーリーグ」からの退会に関するお知らせ

田崎真珠の経営改革の一環として、サッカー部(ペルーレ)の休部が発表されました。
現在リーグ戦中ですが、今シーズンは最後まで戦い抜き、全女がラストゲームになるとのこと。

「休部」とありますが、期限の言及はなく、事実上の解散と思われます。

個人的な感想はまたの機会に。
まだ何も言えません。
posted by kucky at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

第14節日テレ戦

最終ラインを下げてロースコアに持ち込み、接戦に"見せかける"
やろうと思えばできることではあるけれど
ペルーレはそれを選択しない

どんなに失点を重ねようとも、ラインを上げて前へと進もうとする
単純なようで、勇気・信念がないとできない戦術

恥に思う試合なんかじゃないよ
むしろ、そんなペルーレを誇りに思う
だからこそ、試合中このを歌った。


オーオ TASAKIペルーレ 俺たちの誇り
駆け抜けろ 今だ打て!
行けよ勝利を目指して


やっぱりこのチームを好きでよかった!





…でもでもでもでもー

悔しいです!!!!!

この思いどこにぶつけるべきか!
そうか!ここにある!

おらぁぁぁぁぁーーーーー
弾幕絞り.JPG
(弾幕絞ってます)

で、出ているぞ!!
もはや水ではない何かが…!!
posted by kucky at 15:05| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

やっぱり暑いよ、熊谷。

埼玉・熊谷で行われたなでしこリーグ第12節浦和戦。

この試合にあわせ、熊谷駅からは無料シャトルバスが出てました
駒場はそうじゃなかったと思うけど、いつも運行してるのかな?
北京効果だとしたらそれは喜ばしいこと
お金はあるんだから今後も頼みますよ浦和さん(´∀`)
そしてその効果を、がんばった選手たちに還元させてあげたいですね

想定はしていたけど、バス車内からアウェーモード全開
実におよそ97パーセントがホームのお客さん
五輪後最初とあって沢山の人が駆けつけるだろうし
今日も厳しい戦いだなあと覚悟させられました(_Д_)アウアウアー

前日まで熊谷では雨が心配されましたが…
当日になってみればなんのこたあない、快晴でした晴れ

快晴となれば…そこは暑さで町興しを企む熊谷市
スタンドに入るともはや汗だく(;´Д`)
ここ数日30度に届かないような天気だったのが嘘のよう

暑そうじゃないすか?
P9071264.JPG

そしてスタンドには今まで見たことのない異変が!!

P9071268.JPG


か、緩衝地帯!


Lリーグ時代を含めたなでしこリーグで初めて見たよ(  Д ) ゚ ゚
まあトラブルを未然に防ごうという姿勢には賛同です
それにTASAKI側にサポーターが固まったので結果的によかったかと

この日の観衆は1600人余り
予想より少なかったってのが正直な感想ですね
(勿論レッズサポさんの力あってこその動員です)
諸々の事情があっての熊谷開催でしょうが
これがさいたま市内での開催だったら…と思わずにいられないかな

試合は前エントリの内容通り

ゴールや勝利の瞬間の静寂…
たまらんかったです(*´∀`)
これぞアウェイの醍醐味。

個人的には元旦以来のペルーレとあって
いろいろ思うところがありました
澤田選手や斎田選手のプレーも初めて観たけど
鈴木選手がいないペルーレってのが…ね。

でもそんなに違和感を感じなかったのは
19番坂井選手がいたから
坂井選手の積極性、前へ進む力強さは
まさに鈴木選手のそれそのもの
この試合なかなか前線への推進力が感じられなかったから
余計にその特異性が際立っていました

坂井選手だけじゃなく
田頭選手や島村選手といった若手FWには
泥臭くてもゴールへ進むんだという
気持ちのこもったプレーを期待してます
INACの11番には負けるんじゃないぞ!!

気がかりは負傷組…こればっかりは(;´Д`)
一日もはやくベストメンバーが揃いますように(´д`)
posted by kucky at 00:16| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

全員で手にした勝利【第12節vs浦和L】

TASAKI 2-1浦和レッズレディース

得点:阪口(TASAKI,min32)高橋(URAWA,min69)坂井(TASAKI,min80)

中断明け、二位の浦和に勝利キタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!

------------------------------------------------------------------

【内容】

ディフェンス二枚看板の一人、下小鶴選手がベンチにも不在。
GK斎田選手のほか、澤田選手、田中選手を先発に起用し、フレッシュな陣容となりました

試合は立ち上がりから互いに激しいディフェンス
特に浦和はイエローカードも厭わないチェックでホームの観衆に気合を見せます
対するペルーレも負けじと組織的なディフェンスでチャンスを作らせません
急造の陣容とは思えない戦いを見せます

そんな中、11分に浦和・堂園選手
31分にはTASAKI山本選手が相次いで負傷交代
両チームアクシデントに見舞われます(;´Д`)
その後、大石選手のポストに嫌われるシュートこそ出ますが、一進一退の攻防

そして試合が動いたのは前半32分
澤田選手が得たPA傍のFKを、阪口選手が見事に叩き込む!
互いになかなかチャンスが作れない中で得たワンチャンスを
北京帰りの10番がきっちり物にしました
前半はペルーレが1点リードで折り返し。

迎えた後半
きっちり修正してきた浦和が猛攻に出ます
ペルーレはここから押し込まれっぱなし

後半の立ち上がり、PA内で相手を倒し浦和にPKを与えてしまいます
同点かと思われた大ピンチを、GK斎田選手が完全に読みきりストップ!!
チームを救うビッグプレーが飛び出します

しかしそれでも浦和の流れは変わらず
嫌な予感がし、「ここ危険だよ!」と言ったそばの後半24分
CKから浦和・高橋選手にヘディングシュートを許し、ついに同点
盛り上がる浦和の大応援団
その後も浦和の時間帯が続く、非常にまずい展開

そんな状況で奮闘したのがペルーレ坂井選手
投入直後から前線を駆け回り
積極的なシュートを放つなど劣勢のチームを盛り立てる
そして残り10分、その姿勢が結実するときを迎えます

自陣で相手ボールを奪い、阪口選手から大谷選手へ
前掛かりになった浦和の中盤を大谷選手がドリブルで切り裂き
ここでも走りこんでいた坂井選手に絶妙なパス
GKと一対一になった坂井選手が冷静に流し込む!!
苦しい時間を乗り越えたペルーレが勝ち越しに成功

その後も、攻める浦和・守るペルーレの様相は続きますが
虎の子の1点を最後まで守り抜き、待ちに待った試合終了の笛!
完全アウェイの地でペルーレが勝利を収めました

【自信になるであろう勝ち点3】

下小鶴選手・佐野選手不在のほか、山本選手も前半のうちに交代というまさに「主力不在」
そんな状況で、坂井選手や澤田選手ら若手を含めた全員で手にした勝ち点3、という印象
特に斎田選手のPKストップは結果的に勝ち点を動かしたビッグプレー
坂井選手の待望の今期初ゴールは、強豪浦和を沈める決勝点
清原選手も急な投入にも関わらず攻守に奔走しました

北京から凱旋の二人は流石と思わせるプレーを披露
阪口選手はFK以外にも、マイボールを絶対に失わないキープ力を存分に発揮
池田選手は熟練の間合いで相手の進入を許さず
気迫がみなぎるディフェンスを地元埼玉で披露しました
この二人、オーラというか風格が漂っています

まさにベンチも含め、チーム一丸でもぎ取った勝利。
この苦しい試合を物にしたことが
個人、チームにとって自信にならないわけがない!
これが浮上のきっかけになると信じて応援を続けます
posted by kucky at 21:38| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

未知との遭遇

縁日に出掛けたよ。



P8311113.JPG






何を見ようかなー!







P8311114.JPG








ん??







'08allstar1.jpg



…何かいる。






もしやあれは…






'08allstar2.jpg

ペルちゃんだー!!!!



(山本絵美選手です)



※写真は本人の使用許可を頂いており、無断転載・使用を禁じます。
posted by kucky at 21:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

鈴木智子選手移籍

鈴木智子選手(FW)は田崎真珠を退職しINACへ移籍することになりました。(2008/2/15)

みなさま、あけましておめでとうございます。
くっきーです。

およそ9ヶ月ぶりの日記更新
そして新年一発目のエントリーです。
ここまでくるともはやルーザーってレベルじゃないですね笑
ブログを見てくださってる方々、ありがとうございます。

さて、本題に入りましょう。


発表自体は唐突なものでした。
そして本日付で会社も退社されたということです。


明日からはINACの選手として新たなスタートを切る鈴木選手。


思えば、女子サッカーを観るようになったのも
TASAKIペルーレを応援するようになったのも
すべてのきっかけは鈴木智子選手でした



個人的な感覚なのですが
観に行った試合では本当によくゴールを決めてくれました。


豪快なゴールあり

泥臭いゴールあり

魂のこもったゴールあり。


・・・いや、魂の入ってないゴールなんてなかったな。


ゴールだけじゃない。
一つ一つのプレーに対して本当にひたむきで。
(これは女子サッカー全体に言える特徴)


男子のサッカーに見慣れた僕にはとっても新鮮な世界

そんな世界に引き込んでくれたのが鈴木選手。



もしも鈴木選手が他チームに所属していたら
きっと僕はそのチームを応援していたと思います。爆


でも、運命なんてそんなものではないでしょうか?


今自分が茨城に住んでいるのも(※先月引っ越しました)
もっと大きく捉えれば、日本という国に住んでいるのも
そういった運命が導いた事実です


そんな運命が導いた、TASAKIペルーレという素晴らしいチーム。
このチームを応援できることを、今でも誇りに思っています


話が微妙に逸れだしましたね


正直、心のどこかでこういうことが起こるのを予測、覚悟していました。
この一年間で、急に頭の中によぎり始めたのです
裏付けの無い自信というか。自信ってのは少し違うけど

だから口にはしなかったけど、いつペルーレを移籍してもいいように
自分のなかで後悔のないように
「ペルーレの鈴木智子」
を応援し続けようと決めていたのでした


そしてシーズンが終わり、遂にこのときを迎えました













全然、後悔だらけです。




昨シーズン応援に行けた試合はたった4試合(オールスター含)
そんな少ない時間に、どれだけの応援ができたのか

いつどんなときも鈴木選手をはじめペルーレ戦士のプレーは
本当に僕に元気や勇気を与えてくれた。
月並みな言葉ですけど、事実です。

そんな選手たちに対して自分は何ができるのか
それが声を出し、旗を振る応援という行為。

これまでまで鈴木選手がくれたエネルギーは
どれだけ応援してもし足りないくらいなのに
もうペルーレの選手として声を出して応援することができない


それがこんなにも辛いことだとは
こればっかりは覚悟し切れませんでした



でも、立ち止まってる暇なんてないですね
明日からは鈴木選手はINACの選手として新たな一歩を踏み出す
ペルーレも新たな競争が始まる
自分は就活が続く。

今までもらったエネルギーを無駄にしないように
自分も頑張っていこうと思います


これからのことですが
当然ペルーレサポをやめる気は更々ありません
ですので、ペルサポのみなさん今後もよろしくお願いします


鈴木選手は個人的に今後も熱烈応援していきます
願わくば代表復帰!
さすればいくらでも声出しできますからね笑
頑張れ!!!!!


そしてこのブログですが
一つの区切りとして閉鎖しようと思います
更新頻度ももはやこんなものですから…笑
サークルも引退したし、就活が終われば更新できなくもないんですが
そのときはそのとき考えます!爆


手が空けば『リメンバー鈴木智子』でもやろうかな
誰かもっといい企画名教えてください笑
それではまた!!!

posted by kucky at 21:04| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。