2006年02月20日

ロシア戦を振り返る

さて今回は土曜日のロシア戦の内容について触れたいと思います。

普段はあまり試合内容とかに口を出すのは好きじゃないんですが・・・今回はテレビ放送も無かったし、情報も少ないと思うのでこっちから発信発信。

まず、はっきり言っておもしろくない試合でした。

いきなり素人発言ですみません。でもこれは現実でした。

守備を固めるロシア相手に有効な縦パスがなかなか出せず、横パスに終始。前半はシュートまでもっていく回数も非常に少なかった。永里の得点は、そんな展開の中で数少ない良いコンビネーションからで生まれたものでした。

そう、この試合を見てて目についたのは「コンビネーション」の悪さ。全くもって流動的な動きというのが見られませんでした。

日本は昨夏の東アジア大会で得点力不足を露呈。以後の課題は、得点を多く獲るという当然といえば当然のものでした。オフシーズン明けの最初の国際試合(練習試合を除く)という言い訳はあるものの、そのコンビネーションの悪さは目に余るもの。

大橋監督は試合後「ミスの多さ」を指摘していましたが、はっきり言ってそれは個人の問題。監督としては、それよりもコンビネーションを修正するべきなのでは?

先発した中盤から前の選手は、いずれも日テレとペルーレの選手で固められていました。それなのにコンビネーションが悪いとはどういうことか?僕個人的には、所属チーム間の隔たりすら感じました。

後半はゴール前までボールを持っていく回数こそ増えたものの、シュートまで辿りつかない。というか、フリーの選手がいるのにそこにボールが渡らない。パスが出ない。判断力の問題なのか?


うーん話がまとまらない・・・ともかく言いたいのは、現時点では去年のチームと何ら進歩がないということ。この時期に過剰な期待はしてはいけないとは思いつつも・・・相手は格下どころの話ではない、全く無力のチームだったはず。ちょっと内容がひどすぎる。

今後はイタリア遠征などを経て、W杯予選を兼ねるアジア選手権に挑むなでしこジャパン。果たしてそれまでに状況は改善されるのでしょうか。頼みます、大橋監督。
posted by kucky at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポートお疲れ様です<(_ _)>

実力どおりならば男子代表のインド戦ぐらいの点差がついても良かったのでは、と思います
試合を見ていないので何とも言えませんが中国・韓国・北朝鮮戦のような戦いをいつまでも続けているわけにはいきません
早期の修正を期待したいですね
Posted by tani at 2006年02月23日 22:29
>taniさんへ

ありがとうございます。
今回はもっと言いたいことがあったのですが流石に批判も度がすぎると・・・なので控えさせていただきました。

大橋監督にはいい加減進歩というのを見せていただきたいです。ホントに。
Posted by くっきー at 2006年02月23日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13537339
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。