2006年02月10日

なぜ女子サッカーなのか

最近このブログを初めて読んだ方も多いと思うので、ここらで自分がなぜ女子サッカーに注目し応援しているのかを洗いざらい語っておこうと思います。

あなたは「女子サッカー」についてどんなイメージを持っていますか?おそらくほとんどの方は考えたことすらないでしょう。あったとしてもアテネ五輪を契機に「なでしこジャパン」という愛称を覚えたことぐらいではないでしょうか。かくいう自分も五輪を一つのきっかけにしていますが。

サッカーについてある程度の知識があり、「なでしこジャパン」の試合を見た経験のある人は、試合の印象を「非力だ」とか「視野が狭い」といったネガティブな印象を持つ場合が多いと考えます。でもそれは「男子」(多分に男子日本代表)と比べた結果であるはず。男女の体の構造の違い、筋肉の量の違いは誰もが知るところです。そして筋肉の量が違えば、可能なプレー、つまりテクニックにもある程度の差がつくのは仕方が無いことです。

それでも男子となんら変わらない点があります。見当がついたでしょうか。

そう、感動の有無です。

もちろんそこに行き着くまでには「感情移入」という過程が必要不可欠ですが、女子サッカーには感情移入させる多くの要素が詰まっているのです。

ご存知でしょうか、普段なでしこジャパンで活躍する選手たちが主戦場にしている「Lリーグ」(日本女子サッカーリーグ)には大勢の選手が登録されていますが、日本広しといえどプロの女子サッカー選手はたった一人しかいません(日テレベレーザ、澤穂稀選手)。つまり、他のすべての選手はサッカー選手として無給でプレーしているのです。

学生なら昼間は勉強を、それ以外は社会人として仕事やアルバイトをこなしてからチームの練習に参加しているというのが実情。しかも、例を挙げるとバレーボール・Vリーグのチームのほとんどは企業チームであり、社員として仕事・給料を保障してもらっている上で選手がプレーしていますが、Lリーグには企業チームは2チームしかありません。ほとんどの選手は決して「拠り所」を保障されることなくプレーを続けているのです。

ではなぜそんな厳しい状況でも選手たちはプレーヤーを志すのか。そこには、それほど困難な壁をも乗り超えるサッカーへの情熱があるからです。

そんな熱い情熱のこもった彼女たちのプレーは、観る人の心を激しく突き動かします。

僕はこの一年間に観た女子サッカーの試合で、二回涙を流しました。

そのうちの一つは、大会の優勝を決めるという重要な一戦で、ある選手がゴールポストに激突することも厭わずにボールにタッチ、ゴールを決めたというシーンでした。しばらく地面にうずくまり、負傷退場かと思われたけれども、その選手は何事もなかったかのようにプレーを続行。

Jリーグも代表も、男子の試合は今までたくさん見てきましたが、こんなにも気持ちを動かされたプレーは見たことがありませんでした。

徐々に盛り上がりをみせている男子のドイツW杯。華やかで歴史があって・・・。それでも舞台は違えど、変わらない「人の心を動かすプレー」が観客の少ない女子の試合にも存在するのです。

僕のような女子チームのサポーターとJリーグチームのサポーター。本質的には何ら変わりはないのでしょう。ただ、違いがあるとすれば、すなわちそれはバックグラウンドへの理解。それは哀れみだとか同情だと指摘する方もいるでしょう。もしかして読んでくださっているあなたもそう思っているかもしれません。しかし僕は断言します。同情や哀れみなんかじゃありません。「気持ちを動かすプレー」、「気持ちのこもったプレー」を見せてくれた選手たちに、自分が何をしてあげられるのか。つまり感謝の表現をするには何をすればいいのか。その答えの一つが「応援」であり、「サポート」なんだと思います。

だからこそわざわざ固ぁーいシートの夜行バス遠征したり、選手を励ます旗や弾幕を作ったりできるんです。それらができるだけのエネルギーを彼女たちはくれているのだから。

なんだかまだまだ語れることはあるのですが、何分脈略の無い文章のため、冒頭に洗いざらい語るとは言ってみたものの、この辺で切り上げるとします。お許しを。最後まで読んでくださったあなた、ご精読ほんとうにありがとうございました。(飛ばし飛ばしだったりするのかな?笑)

自分の粗末な文章や観戦記などを通して女子サッカーに少しでも興味を持ってくれたなら、それは僕にとってこのブログを運営していく上で最高の幸せです。
posted by kucky at 04:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は今まで、男子の方しか見て来なかったけど、機会があれば女子も見てみるよ〜!!

それにしても、同じサッカーなのにここまで違いがあるとは知らなかったよ。スゴイなぁ。
Posted by 宮子 at 2006年02月10日 19:51
>宮子さんへ

その違いに気づいてくれて嬉しいです!
なでしこの試合あったら随時お知らせするんで
ぜひ見てみてください☆
明日バイト頑張りましょう!
Posted by くっきー at 2006年02月10日 23:27
はじめまして、時々拝見させていただいています。
私もまったく同じ思いです。私はサッカー自体
あまり興味がなかったため男子もほとんど見た
事がなかったのですが、女子サッカーで感動して
最近では男子も代表の試合は見るようになりました。
今年も女子サッカー応援します!
Posted by にんにん at 2006年02月11日 22:17
>にんにんさんへ

ありがとうございます!僕もにんにんさんのブログ、時々拝見させてもらってました。
選手たちがくれる感動・・・本当に何物にも変えがたいものですよね。
今年も感動をもらいに行きましょう☆
もしスタジアムでお会いできたら嬉しいです!
Posted by くっきー at 2006年02月12日 00:14
くっきーさん見てくれてたんですねぇ(ドキドキ)
ペルはウルトラ初心者なうえに磯さんびぃきなので
もしも失礼な事書いてたらすみません(ペコ)
今年は是非!スタジアムでお会いしましょう!
Posted by にんにん at 2006年02月12日 21:49
>にんにんさんへ

遅れてしまってごめんなさい!
大丈夫です、うちもまだビギナーのうちですから。汗 よろしくです!
Posted by くっきー at 2006年02月15日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。