2006年02月23日

06移籍・退団選手

TASAKIペルーレFCメンバーの退団・移籍についてのお知らせ



こんなことってあるのか・・・


ちょっとまだ何も言えないっす。
posted by kucky at 23:33| Comment(3) | TrackBack(2) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

ロシア戦を振り返る

さて今回は土曜日のロシア戦の内容について触れたいと思います。

普段はあまり試合内容とかに口を出すのは好きじゃないんですが・・・今回はテレビ放送も無かったし、情報も少ないと思うのでこっちから発信発信。

まず、はっきり言っておもしろくない試合でした。

いきなり素人発言ですみません。でもこれは現実でした。

守備を固めるロシア相手に有効な縦パスがなかなか出せず、横パスに終始。前半はシュートまでもっていく回数も非常に少なかった。永里の得点は、そんな展開の中で数少ない良いコンビネーションからで生まれたものでした。

そう、この試合を見てて目についたのは「コンビネーション」の悪さ。全くもって流動的な動きというのが見られませんでした。

日本は昨夏の東アジア大会で得点力不足を露呈。以後の課題は、得点を多く獲るという当然といえば当然のものでした。オフシーズン明けの最初の国際試合(練習試合を除く)という言い訳はあるものの、そのコンビネーションの悪さは目に余るもの。

大橋監督は試合後「ミスの多さ」を指摘していましたが、はっきり言ってそれは個人の問題。監督としては、それよりもコンビネーションを修正するべきなのでは?

先発した中盤から前の選手は、いずれも日テレとペルーレの選手で固められていました。それなのにコンビネーションが悪いとはどういうことか?僕個人的には、所属チーム間の隔たりすら感じました。

後半はゴール前までボールを持っていく回数こそ増えたものの、シュートまで辿りつかない。というか、フリーの選手がいるのにそこにボールが渡らない。パスが出ない。判断力の問題なのか?


うーん話がまとまらない・・・ともかく言いたいのは、現時点では去年のチームと何ら進歩がないということ。この時期に過剰な期待はしてはいけないとは思いつつも・・・相手は格下どころの話ではない、全く無力のチームだったはず。ちょっと内容がひどすぎる。

今後はイタリア遠征などを経て、W杯予選を兼ねるアジア選手権に挑むなでしこジャパン。果たしてそれまでに状況は改善されるのでしょうか。頼みます、大橋監督。
posted by kucky at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

観戦記〜なでしこ・エコパ〜

いつまでメンテ中なんだってツッコミ入れようとしたら、これって自分でサイト再構築しないと戻らなかったみたいで。メンドクサ!やっと本日復旧です。

さてさて、さっき帰って来たばかりの静岡遠征を振り返ってみまっす。

当日は朝5時に自宅を出発予定。しかし前日夜10時までバイトがあったために、準備なぞをしてたら気が付けばAM1:00に。飛行機寝過ごし(!)という前科を持つ自分はなんとなく危険な匂いを察知、結局DVDを見て夜を過ごし、ゼロ睡眠で出発したのでした。

2006_0218(002).JPG

朝の東京駅バスターミナル。極寒!

そしてスタジアムに到着したのはAM11:20。自由席だから早めに並ばないとね。

2006_0218(010).JPG

周囲をちょこっと散策。そこで日韓W杯の記念碑を発見!

2006_0218(011).JPG

そういえばここはイングランドVSブラジルが行われた場所。ベッカムやロナウド、ロナウジーニョなんかがこのピッチに立ったんだな〜とニワカ並みに思いを巡らせてみたりする。

2時の開門まで時間があるので、先日買ったYUKIのDVDをしばしコンクリの上で鑑賞。周りの待ち人たちは近くでサッカーしたりトランプしたり。待ち時間に芸術鑑賞とはなんてクールなんだ!自分!(←勘違い)

0602180002.JPG

激しくオススメ。

そしてついに開門!連れの人(同じくペルサポの方)と柳田選手が蹴るであろう左コーナーキック時の接近を図ってゴール裏右端へダッシュ!獲物を待ち構えるのであります。

さあ、そんなこんなで試合開始!今回の自分の一番の注目(目的)である鈴木智子選手はベンチスタート・・・うーむ時を待とう。先日作ったゲーフラも準備を待つ。

0602180004.JPG

そして重要なことに気づく。

自分たちのスタンドから見て反対ゴール、左からのCKのチャンス!蹴るのはもちろん柳田選手…と思いきや。


自分「やーなーぎーたーみーゆーきー!オイ!(独り言風)」

先輩「直接狙ったりして。」

自分「あれ?キッカー違くないすか?」

先輩「ん?・・・安藤?」


ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

ってことは後半、目の前でCKを蹴るのはヤナギさんじゃない!

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!作戦早くも失敗!

激しく萎える二人。


しかもアップを続ける鈴木選手にも一向に監督からは声が掛からず。

結局、柳田選手のCKも間近で見れず、鈴木選手の出番もなく、ギターケースの中のゲーフラは日の目ないまま・・・親善試合は2−0日本勝利で終わったのでした。


はるばる来たのに!!ウルアッ(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・


後座(爆)の男子の試合は割愛。強いて挙げるなら小笠原。あのシュート見れたのはよかった。

闇夜に浮かぶエコパ。

0602180008.JPG

バイバイ。もう二度とくるか!

しかも萎えたのは試合にとどまらず。今朝東京から最寄の駅への電車内にカバン忘れて平塚まで取りにいき、さらに帰りの電車が人身事故!!
ドン!っていった・・・。ドンって・・・(つд∩) ウエーン

こんな感じで僕の06年度最初の遠征試合は終わったのでした。ごめんなさい、ホントつまらん観戦記(日記?)になりました。それも本人が激しく凹んでるが故。ご容赦ください。
試合内容とか、その他思ったことは後でまた書きます。

posted by kucky at 10:29| Comment(5) | TrackBack(1) | なでしこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

ゲーフラ第二弾

スズトモゲーフラ.JPG

18日のなでしこ対策!
二日でゲーフラ作りました。

時間が無いから英語の塗りは下書きなし・・・

それでもいちばん大事な名前はレタ出ししたから超綺麗☆

さて、大観衆の中でこのゲーフラは目立つのやら・・・
そして日の丸を背負った鈴木トモ選手の登場・ゴールはあるのやら。

運命の日は18日!!
posted by kucky at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | PERULE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

恋愛系バトン

はい、セムパイからのご指名です。
有難くやらせてもらいます!

Q1_恋人にする条件で、最も大切なことは何ですか?

自分と波長のあうこと。

Q2_非現実的でも結構なので自分の理想のパートナーを

お互い支えられる人かな。

Q3_異性と付き合いたいとき、どのようにアプローチしますか?

今はめんどくさいからしない。

Q4_恋人と喧嘩したとき、どのように仲直りしますか?

悪いほうが謝るべきでしょう。

Q5_恋人が泣いているとき、どう対処しますか?

口ベタなのでとにかくできるだけ傍にいる。

Q7_夜、好きな異性から迫られた時、自分がその日ものすごくイケてない下着をつけていても受け入れますか?

男の問題はそこではない!

Q8_相手はSかMかどちらがいいですか?

Sは辛いんじゃないでしょうか。笑

Q9_幼い子供に、赤ちゃんはどうやって生まれるのかと聞かれたらどう答えますか?

お母さんのお腹から産まれてくるんだよ!

Q10_愛があればお金はなくても良いと思いますか?

感情だけでどうにかなるのは一時だけ。諸条件が合わなきゃ愛は成り立ちません。

Q11_最後に、貴方が幸せになってほしいと思う5人に質問を回してください

ぁぃん、けんた、たいがー&おにおん、チャリ3、ミキティ。
みんな俺を恨むな!恨むんだったら・・・許して。
posted by kucky at 00:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

なぜ女子サッカーなのか

最近このブログを初めて読んだ方も多いと思うので、ここらで自分がなぜ女子サッカーに注目し応援しているのかを洗いざらい語っておこうと思います。

あなたは「女子サッカー」についてどんなイメージを持っていますか?おそらくほとんどの方は考えたことすらないでしょう。あったとしてもアテネ五輪を契機に「なでしこジャパン」という愛称を覚えたことぐらいではないでしょうか。かくいう自分も五輪を一つのきっかけにしていますが。

サッカーについてある程度の知識があり、「なでしこジャパン」の試合を見た経験のある人は、試合の印象を「非力だ」とか「視野が狭い」といったネガティブな印象を持つ場合が多いと考えます。でもそれは「男子」(多分に男子日本代表)と比べた結果であるはず。男女の体の構造の違い、筋肉の量の違いは誰もが知るところです。そして筋肉の量が違えば、可能なプレー、つまりテクニックにもある程度の差がつくのは仕方が無いことです。

それでも男子となんら変わらない点があります。見当がついたでしょうか。

そう、感動の有無です。

もちろんそこに行き着くまでには「感情移入」という過程が必要不可欠ですが、女子サッカーには感情移入させる多くの要素が詰まっているのです。

ご存知でしょうか、普段なでしこジャパンで活躍する選手たちが主戦場にしている「Lリーグ」(日本女子サッカーリーグ)には大勢の選手が登録されていますが、日本広しといえどプロの女子サッカー選手はたった一人しかいません(日テレベレーザ、澤穂稀選手)。つまり、他のすべての選手はサッカー選手として無給でプレーしているのです。

学生なら昼間は勉強を、それ以外は社会人として仕事やアルバイトをこなしてからチームの練習に参加しているというのが実情。しかも、例を挙げるとバレーボール・Vリーグのチームのほとんどは企業チームであり、社員として仕事・給料を保障してもらっている上で選手がプレーしていますが、Lリーグには企業チームは2チームしかありません。ほとんどの選手は決して「拠り所」を保障されることなくプレーを続けているのです。

ではなぜそんな厳しい状況でも選手たちはプレーヤーを志すのか。そこには、それほど困難な壁をも乗り超えるサッカーへの情熱があるからです。

そんな熱い情熱のこもった彼女たちのプレーは、観る人の心を激しく突き動かします。

僕はこの一年間に観た女子サッカーの試合で、二回涙を流しました。

そのうちの一つは、大会の優勝を決めるという重要な一戦で、ある選手がゴールポストに激突することも厭わずにボールにタッチ、ゴールを決めたというシーンでした。しばらく地面にうずくまり、負傷退場かと思われたけれども、その選手は何事もなかったかのようにプレーを続行。

Jリーグも代表も、男子の試合は今までたくさん見てきましたが、こんなにも気持ちを動かされたプレーは見たことがありませんでした。

徐々に盛り上がりをみせている男子のドイツW杯。華やかで歴史があって・・・。それでも舞台は違えど、変わらない「人の心を動かすプレー」が観客の少ない女子の試合にも存在するのです。

僕のような女子チームのサポーターとJリーグチームのサポーター。本質的には何ら変わりはないのでしょう。ただ、違いがあるとすれば、すなわちそれはバックグラウンドへの理解。それは哀れみだとか同情だと指摘する方もいるでしょう。もしかして読んでくださっているあなたもそう思っているかもしれません。しかし僕は断言します。同情や哀れみなんかじゃありません。「気持ちを動かすプレー」、「気持ちのこもったプレー」を見せてくれた選手たちに、自分が何をしてあげられるのか。つまり感謝の表現をするには何をすればいいのか。その答えの一つが「応援」であり、「サポート」なんだと思います。

だからこそわざわざ固ぁーいシートの夜行バス遠征したり、選手を励ます旗や弾幕を作ったりできるんです。それらができるだけのエネルギーを彼女たちはくれているのだから。

なんだかまだまだ語れることはあるのですが、何分脈略の無い文章のため、冒頭に洗いざらい語るとは言ってみたものの、この辺で切り上げるとします。お許しを。最後まで読んでくださったあなた、ご精読ほんとうにありがとうございました。(飛ばし飛ばしだったりするのかな?笑)

自分の粗末な文章や観戦記などを通して女子サッカーに少しでも興味を持ってくれたなら、それは僕にとってこのブログを運営していく上で最高の幸せです。
posted by kucky at 04:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胸キュンバトン

「軍人の任務とは?」

「上官の命令を遵守することであります!」


Q1 胸キュンするポイントは?

ちょっと困った顔。ちょっとね。

Q2 憧れの、胸キュンシチュエーションは?

以前にどこかで見た綺麗な人とバッタリ再会。

Q3 胸キュンしちゃう言葉は?

「○×△□・・・。」

Q4 聴くと胸キュンしちゃう曲は?

B`zの「ALONE」。

Q5 胸キュンドラマは?

ドラマ見ません。

Q6 胸キュンする有名人5人

小西真奈美。長澤まさみ。内山理名。加藤ローサ。YUKI。

Q8 今まで生きてきて一番の胸キュンは?

好きなサッカー選手と2ショットで写真撮ったとき。

Q9 「胸きゅん」に仮に呼び名をつけるとしたら?

もう勘弁です。。

Q10 胸キュンしたときに心でする音は?

ドキドキ!

Q11 バトンをまわす5人

男は厳しいかなぁ・・・

けんた みきてぃ ぁぃん みちょみっちょん☆ みどり

お願いします!


宮子さん、辛かったっす。。
posted by kucky at 00:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

チケット確保!!

キャンセル待ちだったロシア戦のチケット当選しました☆

いやはや・・・サポーター活動オフシーズンの気分が吹っ飛びました。
てかだいぶ焦ってます!!


理由・経済的余裕がない
  ・交通手段確保してない
  ・暇がない
  ・弾幕はどーなる
  ・ゲーフラ作らなきゃ
  ・寒い
  ・バイト休まなきゃ 
             うおぉ・・・(--;)


前途多難!しかし行きます!静岡!
精魂込めて応援してきます。
posted by kucky at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | なでしこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

告白バトン

なるものがケンタから回りました。
てか内容すげー!!ケンタの友人もスゲー!( ゚Д゚)!

とりあえずやってみます。

Q1 今までに告白した数は?

5。

Q2 今までに告白された数は?

5。←嘘です。Q1も嘘です。ご想像にお任せします。

Q3 初めて人を好きになったのはいつ?

5歳のとき!

Q4 それは、どんな人でしたか?

同じ組のなっちゃん!(鮮明)

Q5 最近告白しましたか?

一年半近くしてないな〜。

Q6 逆に告白されましたか?

一年半近くされてないな〜。

Q7 今、恋人いますか?

ノン!

Q8 いる方は期間、いない方はどのくらい?

もうすぐ一年。

Q9 あなたにとって告白とは

ドキドキ☆

Q10 ぶっちゃけ今告白したいorされたい人いますか?

いないですね。

Q11 差し支えなければどんな人かどうぞ

いないって!

Q12 バトン回す人5人

回す気になれない・・・


なかなかしんどいバトンでした。(;´Д`)
見直すのが辛い!
posted by kucky at 00:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ロシア代表戦メンバー

今月18日に行われるロシア代表戦のメンバー23人が発表されました。

http://www.jfa.or.jp/CGI/top/top.cgi?key=pick&0=3097&lf=lady&yymm=

来ましたね・・・遂にこの時が。

鈴木智子選手、大橋政権になって初の代表戦メンバー入りです!!

おめでとう!オラァ嬉しくて涙止まんねぇだ(つД`)・・・ってのは大げさで。
試合に出て、ゴールをゼヒ智・・・じゃなくてぜひとも決めて欲しいところです。
ごめんなさい、ハイになってます。笑

そしてペルーレからは大量7人が選出!山本選手も鈴木選手同様、大橋監督に
なってから初の代表戦メンバー入りです。

しかし・・・残念なのは直前に行われていた合宿に参加していた佐野選手、怪我の
ため合宿も参加できなかった秋山選手が選ばれなかったこと。
代表に選ばれた7人には、二人のぶんも、そしてTASAKIペルーレFCの
ためにも頑張ってきて欲しいですね。


さ、鈴木智選手が選ばれたわけで・・・応援に行かずにはいられなくなったんですが
ここで問題になってくるのがチケットです。

後座試合はなんとW杯を前に盛り上がる日本男子代表−アイスランド代表の試合。

とっくに発売済みのチケットは当然売り切れてたりするわけです。

そして今更ぴあのキャンセル待ちに登録したりするわけですよ。

当然金の準備もままならないわけですよ・・・(;´Д`)


どーすんのよ!2月18日!どーすんのよ俺!!
posted by kucky at 23:43| Comment(3) | TrackBack(1) | なでしこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。